hagexさんのネットウォッチ勉強会「かもめ」@豊洲(4/24)に行ってきました!

すこし時間が経ってしまいましたが、
4/24に長年ネットウォッチャーとして大活躍されている
hagexさんのイベントに行ってきました!

題して『ネットウォッチ勉強会「かもめ」#1「炎上した時の対処方法」
「ZOZOTOWN退会祭りが発生した理由」

4/24当日に、「あ、今日なのか!」と気づいたイベントで、
まだ申し込めるらしいツイートを見つけて飛び込みました。

定員50名に対し、なんと受付番号が「50番」という滑り込み!
無事開始時間にも間に合い、参加することができました!

いやー、楽しかった!

オフレコ部分とそうでない部分をはっきりと覚え切れていないため、
ここは大丈夫だろうというところを中心に、ご紹介したいと思います!

f:id:prophet:20180502144140j:plain:w400

hagexさんはハゲているのか?

いきなりですが、
hagexさんはその名の通りハゲているのか?
答えは見た人のみぞ知るということですが、
勝負ということにすれば僕の勝ち、完勝です!(笑)

万が一hagexさんご本人が覚えているとしたら、
ああ、あいつか!となるかと(笑)

「炎上」とは何か?

実は「炎上」の定義が曖昧だということを教えていただきました。

ここでは、はてなブックマーク数Facebookのシェア数
ツイート数による炎上の定義をしました。

実際にはちょっとコメントが荒れただけで炎上という人や、
知らない人がコメントしてきた時点で怖くなって炎上と騒ぐ人が多いよう。

僕は想定外という意味で「炎上」と言っていると
思っていたところがあるので、
炎上とはそんなもんじゃないということを知り、
ネットの炎上シーンを見る目が変わりました。

逆に、ちょっとしたことで「炎上」とか言っている人の
言動を追っていくと、ネットの常識人には見たことのない世界が見られるそう(笑)

イベントに来ている時点で「良い人(だろう)」

有料のイベントに、電車などでわざわざ足を運んで来ている私たちは、
「良い人」であり、
ネットで変なことにはならないと信じて頂いています。

僕自身、イベント慣れしていないので端っこの方でちょこんとしていたのですが、
質疑などでhagexさんや参加者を困らせるような方もいらっしゃらなかったですし、
ネットにおいても人生においても中堅っぽい人が多い印象でした。

おもしろい記事を書くために「炎上」を理解する

僕はブログを通じてネットで活動していますが、
影響力のなさから炎上的なことを経験したこともありません。

しかし、すこしは影響力を持ちたいと思っているからこそ、
かれこれ10年以上ネットで日記を書いたりブログを書いたりしています。

そんな中で「炎上」とは何か、
「炎上」が発生するメカニズムやその影響を理解すれば、
より影響力のある記事が書けるようになるかもしれない。

そう感じさせてもらえた勉強会でした。

ウォッチ案件については「事実を書く」「感想は書かない」

きちんと事実を整理することで見えてくる本質を明らかにする。

整理の仕方にも意図を示すことができるが、
できるだけ正しく、
かつ面白くなる
ようにしているとのこと。

感想を入れると反発がくるし自らが炎上しかねない。
事実しか書いていなければ、反論しようがないので何も言えない。

その微妙な距離感でなんとなく成立しているため、
ネットウォッチというジャンルになっていると思いました。

恣意的な整理の例としては「Togetter」を挙げていただき、
文字の大きさや色を使って、ネガティブにもポジティブにも、
整理する人の意図をふんだんに盛り込むことができる

ということがはっきりとわかりました。

hagexさんにとってネットウォッチとは

これは質問コーナーでお答えいただいたのですが、
「ゲスな気持ちのインタラクティブな遊び」とのこと。

「ウォッチ対象ビッグ4」(このイベントで飛び出した用語!)に対する
粘着っぷりは、「そういう性格だから」という話もあったが、
遊びだからこそ徹底的にいけるんだと思いました。

またネットはhagexさんのジャスティス(正義)を示す場であり、
ある高知の方(イケ)についていえば、
「弱者から金をむしり取っている」という悪事を、
止められるなら止めたいという思いが(なんとなく)伝わってきました。

他の3方は「天然」(はあ)「ブランド」(梅)
それに対して「まとも」(田)という感じ。

高度なネットリテラシー講座でした

ネット初心者ではない僕にとって新たなリテラシーが身についた勉強会でした。

参加されている方も、猛者っぽい人もいれば、会社員という方もいて、
若くはないがネットでがんばってらっしゃるんだろう雰囲気を感じました。

年齢でいえば、ネットウォッチ対象の年齢層が上がってきてしまっていて、
若い人は叩かれるとウォッチ対象になる前に消えてしまう状況だそう。

そもそも叩いている人が高年齢化してきている可能性もあり、
ネット界の年齢層による分断、もしくはこれは比喩ですが、
スマホの中にいてネットにはいないような、
新たな分断が起こっているのではないかと僕は考えました。

関連記事

僕の感想などはこの辺にして、
同じく参加された方が書かれた記事がありますのでご紹介します!

azanaeru(id:paradisecircus69) さんが
イベント当日に書かれた記事が分かりやすいです。
他の記事もおもしろいですが読みきれない!笑

azanaerunawano5to4.hatenablog.com

hagex(id:hagex)さんご自身の記事

hagex.hatenadiary.jp

hagex.hatenadiary.jp

この宣伝方法に対するだろう、azanaeru(id:paradisecircus69) の記事。

azanaerunawano5to4.hatenablog.com

ネットを通じた有機的なつながりを感じてうれしいです。

ネットとブログはおもしろい!

f:id:prophet:20180502141207j:plain:w400

(おわり)

誰でもできる簡単「スライド」入門 第1回 Googleスライドを使おう

「ゆぶろぐ」をリニューアルしました!

f:id:prophet:20180513222720p:plain:w300

「スライド」作成入門はじめます!

最近ブログ界隈で流行っている図解による表現ですが、
まだまだ難しそうと感じている人が多いのではないでしょうか。

僕はまだわかりやすく図解で表現する力には至っていませんが、
得意分野であるスライドの作成方法を
をご紹介する連載を始めることにしました!

「Googleスライド」を利用しよう

実際にスライドを書くツールとして、
有名なツールとしてはMicrosoftのPowerPointや、
AppleのKeynoteがありますが、
これらに進む前の段階として、
Googleスライドの利用をオススメします。

この連載も、Googleスライドを使っていきます。

Googleスライドをオススメする理由は3つあります。

  • 無料で使える
  • オンライン上での操作が簡単
  • 共有が簡単

Googleのアカウントがあればカンタンに始められます!

「Googleスライド」の弱点はフォント

Googleスライドの弱点はフォント設定です。

前提として、図で言いたいことを表現する上で
見た目の印象はとても大事なものになります。

中身を伝える上での見た目であることを踏まえると、
一番大事と言っても言い過ぎではありません。

その見た目を形づくる要素の1つとして、
フォント設定があります。

例えばPowerPointでのスライド作成においては、
フォント選択の自由度が高いのですが、
日本語フォントには「游ゴシック」、英字フォントには「Segoe UI」
を推奨しています。

しかし残念ながらGoogleスライドには日本語フォントの選択肢がなく、
これらのフォントが利用できないため、
標準から変更せずArialのままとすることとします。

なお、本ブログでお勉強していただくスライド作成においては、
フォント設定以外に大きな弱点はありませんので、ご安心ください!

今日のまとめ

最後に、今日のまとめをスライドにします!

f:id:prophet:20180501134100j:plain:w500

f:id:prophet:20180501134504j:plain:w500

実はこの2つのスライドには、なまけものの図解の基本が詰まっています。

次回以降すこしずつ紐解いていきますのでお楽しみに!

なお、なまけものじゃないバージョンも作成中です(笑)

(第2回へ)

気持ちのいい自分でいることが相手のためになる?「自分の本音」探しへ

おひさしぶりです。

思考回路の問題だと思うのですが、
僕はどうしても
「相手にとってどうか」
ということを中心に物事を考えて、
自分を守ろうとしてしまいます。

一言で言えば、

ずるい

ということになると思いますが、
僕はそれが悪いことだと思っていませんでした。

いちばんタチが悪いヤツですね(笑)

そんな僕が彼女からの一言で、
変わりたい、変わらなければ、
と思い立ったことについて、
書いてみたいと思います。

本当は自分が嫌なのに……

本当は自分が嫌なのに、
相手のためを思って、
みたいな方向で相手と話してしまう。

ここでいう相手とは”彼女”なので、
以下、そう書きます。

彼女は(暗に)
なんでも相手のせいにして
自己正当化する僕に対して、
口を閉ざすようになりました。

以前はこういう状況になったら、
僕もめんどくさくなって口を閉ざしていき、
関係は終わっていくわけですが、
今回はそうもいかなくなってきたような気がして、
この記事を書くことにしたのです。

相手にとって本音が見えないのは不安

あるとき彼女から
「言っていることと本音が違う」
と言われました。

「嫌なら嫌と言って欲しい」
「自分が気持ちよくいないとダメ」
と。

僕にしてみれば
「そりゃそうだよ」
「言えるわけないし」
と思うわけですが、
結局、
そんな僕が彼女を
不安にさせていたということです。

今後の自分のためにも、
言ってくれてありがたい
としか思えません。

「こんな男と一緒にいたくない」
彼女からの訴えであり
「自分が気持ちよくいるため」
なのだとも思います。

そして「自分の本音」探しへ

彼女との何回かのやりとりで、
これまで上手くいかなかった理由はこれかー!
と脳天に雷が落ちような感じがしました。

お互いの気持ちが離れていくことなると、
関係性は自然に終わっていくわけですが、
今回は幸いなことに、
その前に待ったが掛かりました。

彼女がいう  
「自分が気持ちよくないとダメ」
ということ。

これが本質かもしれません。

自分が気持ち良くいることで、相手も気持ちよくなる。

ということを、突き詰めることにしてみました。

そこに本音と違う行動をとってはダメでしょう。

本音で生きる

やりたいことをやれ

そんな時代とも言われていますし、
自分を成長させていくために
変わっていけたらと思っています。

(おわり)

こんなにも色味が違う!iPhone XとiPhone 7 plus、10.5インチiPad Proの液晶画面を並べてみた!

iPhone Xを入手してからiPhone 7 plusからの移行のため、両方のiPhoneをいったりきたりしているのですが、液晶の印象がまるで違うことに度々驚いています。

特にiPhone Xは有機ELを採用しており、そのため本体の値段もAppleCareの値段もそれなりに高くなっています。

値段が高けりゃいいのかというと、僕は単純に有機EL!高い!けどいいはず!なんて思い込めるのですが、好みも大いに出るものだとも思います。

そんな有機ELの実力を一世代前のiPhone 7 plusと今年発売された10.5インチiPad Proとの比較でご紹介します!

会社をやめたい、働きたくない。でも変化が怖い。

ここ数ヶ月、会社をやめたい、仕事をしたくないと思い毎日鬱々と過ごしている。

きっかけは、とあるプロジェクトのマネジメントに参画してからのこと。

具体的なことは書きづらいが、こんなつまんないことをずっとやっていくのか?という疑問を感じてしまった。

天才的マジシャンに魅了される!『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』(西野亮廣)を読みました

西野亮廣@nishinoakihiro の「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」を読みました。

本書の帯で秋元康が「ただ一つ、忘れてはいけないことがある。西野亮廣は天才的なマジシャンだ。」と書いていますが、そのマジシャンのやり口にまんまとハマってしまい購入(笑)

僕は唯一無二の存在である西野亮廣の面白さに魅了されているのですが、こんな天才をどう真似していいか分からないし、自分ができるやり方を見つけなければという難題をつきつけられたような気がしています。

Amazonプライムの読み放題Prime Readingが始まった!Kindle Unlimitedの月額980円が年会費3,900円!?(ラインナップはUnlimitedのごく一部です)

今日の朝Amazonを見ていたところ、メニューに突如、

Prime Reading(プライムリーディング)

なるサービスが現れました!

こんなロゴも

f:id:prophet:20171005200403j:plain:w200

月額980円のKindle Unlimitedとは別のサービスで、プライム会員向けの読み放題サービスです。