なぜ転職するか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いきなりですが転職活動を始めました。

39歳で初めての転職活動。

ってマジか!俺もう39か!
カラダの節々が痛いわけだ!

と思ったわけですが、
まあ、始めてしまいました。

大手転職サイト「リクナビネクスト」に
登録して数日が経っています。

「35才限界説」なんて関係ない!30代40代のための転職完璧ガイド

なぜ転職するか?

最初に「なぜ転職するか」を簡単に書くと、

「人間関係」

です。

転職や鬱などの原因として
もっとも多い理由でしょう。

詳しいことは転職が無事終わったあとなど、
書けるようになったときに書くつもりですが、
自分でも長年よく耐えたと思います。

今思えば、
疑問に思わなかった理由はただ1つ。

プライベートの方が大変だった

から(笑)

会社でのことなんてどうでもいいくらい、
主に精神的に闇の中にいたのです。

孤独で屈折してましたし、
かつての浪費がたたって金もなく、
友人もおらず、
恋愛もまともに出来ていませんでした。

この3年くらいでこれらが改善できたので、
次は会社員としての自分を改善することにしたということです。

条件は今と同等かそれ以下

僕が大事にしたいのは
「通勤時間」と「拘束時間」、
そして「正社員」ということです。

ドアトゥドアで30分以内

1日8時間以内で残業は必要最低限

という感じ。

正社員については、
いつまでこだわっていられるものか
今の自分には分かりませんが、
ひとまず正社員に応募しています。

今の会社では労働者側ではなく、
ライン管理職になっているので、
むしろ下がる前提にしないと、
拘束時間がどうのこうの
言えなくなってしまうとも思います。

今の会社では変われないのか?

この疑問は何度も自分に問いかけました。

相手に期待するのではなく自分が変わればいい

という考え方です。

異動を願い出て、
今の人間関係の外に居場所を作ってもらうことや、
ライン管理職を辞して平社員にしてもらうこと、
などなど、考えたことはあります。

しかし、
今の会社の文化にない異動や降格を願い出るほどの
モチベーションは残されていませんでした。

制度としてあれば使うだけなんですけどね。
おそらく僕が主張すると、
会社は特別措置をすることになります。

でもそんなことまでして欲しくない。

また、適当にやり過ごすには、あと10年以上は長すぎる。

転職活動を始めました。

このような経緯で転職活動を始めました。

しかしいざ始めてみると見えてくるものが色々あり、
しばらく転職日記として書いていきたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*